忍者ブログ
紹介がメインです
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    育児で感じるつらさは孤独感

    可愛い我が子、待望の赤ちゃん、子供を授かった時にはそれだけで幸せを感じるものですよね。これ以上の幸せは無いのでは、そんな風に初めてわが子の顔を見た時には思ったものです。でもそんな幸せも、おっぱい、おむつ、抱っこ、と果てしない育児生活でつい忘れてしまいがちですよね。
    育児では何ものにも変えがたい深い喜びも感じているはずですが、結構辛い事も多いものです。わたしにとって育児でもっとも辛いと感じた事は「孤独」です。

    今は親世代と同居しているという家庭はほとんど無く、特に都会ではほとんどが核家族で親元から離れて生活しています。我が家もそうで、私の実家は比較的近距離にはありますが、生活を共にするほどではありませんし、夫の実家は更に遠い場所にあります。
    私は出産と同時に仕事も辞めて完全に専業主婦になったため、育児は完全に24時間私の仕事となりました。夫は朝は早くでて夜は深夜近くの帰宅、育児を頼める状況ではありません。幸いご近所には同じ様な境遇の育児友達がいて、同年齢の子供を一緒に育てている、そんな雰囲気なのはあり難い事だと思っています。

    でも、毎日ご近所のママ達と会うのも正直疲れてくる部分もあり、子供と自分の二人きりの世界で過ごしているのが大半ですね。毎日、食事、洗濯、掃除、子供の身の回りの世話、お散歩、抱っこ、これが私の一日のほとんどと言って良い位なのです。出産前まではオフィスでやりがいを持って働いていた私にとっては、この取り残され感は半端ではありません。私にとって、マンションの一室で子供のお世話に明け暮れる生活は、幸せとはとても感じられなくなっていました。自分が価値の無い人間になってしまったような気分でしたね。
    同僚だった人たちは今日もバリバリ働いて夜は楽しく飲みに行っているだろうな、などと思うと、おむつを替えたり子供のおもちゃをひたすら片付けて回るだけの自分がとても寂しく、孤独を感じました。
    「こんな生活もう嫌!」というセリフを吐いてどこかへ一人で行ってしまいたいと思いつめてしまう程、精神的に追い詰められている時期もありました。余りにもぐずりがひどい時などは本気で子供が大人しく寝る薬は無いだろうかと探したり、今思うと異常ですがその時は精一杯だったのです。とにかく一人で全てを抱え込む孤独は母親にとってはかなり辛い状況ですね。
    PR

    私の育児ストレス発散法

    私は友達も少ないし連絡もマメではないし結婚して遠方に嫁いだため、ほんとうに引きこもり育児をしていました。
    独身時代のストレス解消法は彼氏や友達や同僚と旅行へ行ったりおいしいものを食べに行ったりカラオケに行くことでしたが、今はそういう時間もお金も余裕も一切ありません。

    ストレスで激やせし肌荒れもし、一気に老け込みました。
    (夫や実親に「10歳は老けて見える」と言われました)

    このままではいけないと思いストレス発散法を探しました。
    部屋を模様替えしてみたり、
    おいしいスイーツを買ってみたり、
    新しい服や靴をバーゲンで買ってみたり、
    時々は友達と会って愚痴を聞いてもらったり。

    それらはストレスを発散することができましたが、
    いつでもできるものではないので一時的なものでした。
    また翌日からはストレスが蓄積されて発散する機会もないままたまっていきます。

    なので、気軽に手軽にできるものでお金がかからないストレス発散方法を探しました。その結果一番自分に向いていたのはブログの更新でした。

    リアルな友達に言ったら引かれてしまいそうなこともかけましたし、
    愚痴もいっぱい吐き出しました。
    匿名で書いていたため比較的本音が言いやすかったです。

    リアルな友達はみな実家に頼れるし配偶者がイクメンだったり、
    収入にも恵まれていたり、
    はたから見ると恵まれている人が多いので、
    なかなか自分の愚痴を理解してもらうことができません。

    私は子供に対してはそんなにいらいらしないのですが、
    夫や義実家からの待遇などや言葉で傷ついたりいらいらしたり、
    それで子供に対しても余裕ができなくなったり思いつめることが多かったです。
    頑張っても批判されてばかりで育児に対して疲れが出ていました。

    ですがブログで交流したひとたちは似たような境遇のひとが多かったので、コメントをお互いしたりしながら交流でき、
    一緒に愚痴をいったりすることでストレスを発散することができました。
    その中から気が合う友人もでき、電話で話したりもしています。

    同じ境遇のひとと気持ちを分かり合うことが、
    私の一番のストレス発散法です。

    私が腰痛対策でした三つのこと

    妊娠中の腰痛対策で私が試したことは三点あります。

    まず一点目は「とこちゃんベルトの使用」です。
    次に二点目は入浴です。
    最後に三点目は腰回りを温めることです。

    私はもともと腰痛持ちで、
    一日10時間座りっぱなしのデスクワークでしたので、
    妊娠前から腰痛には常に悩まされていました。

    妊娠前は腰痛になると、お風呂や温泉にゆっくりつかり、
    ストレッチをしていました。
    本当に酷い時はマッサージや整体に行くこともありました。

    しかし妊娠したら温泉やマッサージにはなかなか行けないので、
    自宅で簡単にできることがないか考えました。

    そんなとき、産院でとこちゃんベルトを勧められて購入してみました。
    仕事中はずっとつけていましたが、腰部分が固定されることで、
    姿勢も助けられました。
    妊娠して体がだるかったのですが、常にサポートされていたので、
    腰痛も軽減されましたし、猫背にもなりにくくなり私にとってはよい商品でした。

    二点目は入浴です。
    妊娠中はあまり長く入浴してはいけないと聞いたので長時間の入浴は避けましたが、毎日しっかり湯につかることで疲れが取れました。
    入浴で腰痛の緩和をするのは、妊娠してないときと同じ方法でしたが私には効果がありました。

    三点目は腰回りを温めることです。これも妊娠していないときと同じ方法ですが実行しました。妊娠していないときは貼るホッカイロを活用していましたが、妊娠中はホッカイロは高温すぎるかなと不安になったので、毛糸のパンツを履いたり、湯たんぽを腰に当てたりしました。
    じんわりあたたまり血行が良くなる感じがし、痛みも和らぎました。

    私は妊娠中に20キロも太りました。
    妊娠6ヶ月まではほとんど体重が増えなかったのに(つわりがひどかったため)、安定期に入ってからは反動で一気に太りました。
    もともと痩せていたので一気に太ったことで腰に負担がかかり妊娠9ヶ月には歩くのもつらかったです。
    そういうときにもとこちゃんベルトを使うと楽になりました。

    そういう意味ではとこちゃんベルトが一番腰痛に役に立った気がします。

    赤ちゃんモデルになるためには

    テレビとか見ていると、
    赤ちゃんが出ている事がありますが、
    ああやってテレビで活躍する赤ちゃんモデル
    なるにはどうしたら良いんでしょうか。

    調べてみるとオーディションとかあるみたいです。
    合格するために必要な事とかもあるみたいです。

    誰もがなれるという訳ではないみたいですが、
    チャレンジしてみたくはなります。

    小さい時期はあっと言う間に過ぎてしまいますから、
    やりたいと思うのであれば、すぐにチャレンジした方が良さそうです。


    参照:kids.wanpug.com/illust/illust770.png

    無題

    「帰宅部log」というタイトルからして面白いブログがあります。

    日々の役に立つ情報が載っていて、
    困ったときにアクセスしてみることをオススメします♪

    おもしろいですよ~~






        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]