忍者ブログ
紹介がメインです
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    発達障害の息子

    私には現在満年齢で5歳の男の子と3歳の女の子の子供がいます。2人ともとても優しく、疲れて仕事から帰ってくると「頑張ったね、お疲れ様」と優しく声をかけてくれます。その度に感動して、なんて思いやりのある子供なんだろうと涙が出てきます。家事のお手伝いも良くしてくれて、その事を褒めてあげるととても嬉しそうに笑って、疲れてることなんて忘れてしまいます。

    しかし、その成長具合には少し不安なところがあるのです。

    5歳の息子は物事へのこだわりが強く、おもちゃを並べたりするときに、その順番や列を崩されると、とても怒ります。また、テレビの中のセリフを1人で喋ってたりしてます。話しかけてもすぐに返事をすることなく、ずっとおもちゃで遊んでて、5回くらい呼びかけてやっと返事をしてくれるのです。

    最初のころは記憶力がいいのかなぁなんて気楽に思っていたのですが、そのようなことが何度も続いていて、何か成長に問題があるのではないかと思い、上記の症状について本や病院のサイト、実際の医師に相談等をしてみました。すると、軽い発達障害の疑いがある、と診断されました。その言葉を聞いて一瞬目の前が真っ暗になってしまい、めまいもしてしまいました。

    医師の言葉を聞いた後に息子が待っている家に帰る間、これから子供とどう接したらいいのか分からず、公園をウロウロしたり、家の前でしばらく立っていたり、なかなか子供の顔を見る決心がつきませんでした。

    そして意を決して玄関のドアを開けると、家の奥からバタバタを走る音と、いつものように「おかえり!」と可愛い声。そして息子が私の顔を見て何かを察したのか、「疲れてるよ?大丈夫?」と言ってくれたのです。

    私はその息子の一言を聞いて、玄関で泣き崩れてしまいました。

    発達障害があろうとも、息子は私の疲れた表情を見て心配できる優しい子じゃないか、と気づかせてくれたのです。息子が産まれた時の喜び、初めて歩いた時の驚き、言葉を話した時の嬉しさと思い出し、息子を抱きしめたまま動くことができませんでした。

    これから息子はどんな人生を歩んで行くのか分かりません。発達障害がどれほどのハンデとなるのか想像もできません。私のせいで、と思って落ち込んでしまうこともこれから多々あると思います。
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]